自
身
売
買
SOULD OUT

自身売買査定額

80,000,000円

SOULD OUT

自身売買査定額

300,000,000円

商品は、売らない。

売るのは、自分だ。

自身売買

我々は商品は売らない。売るのは自分自身だ。

サカノシタは情報技術商社。商社とは、たくさんの商品を扱いお客様の課題に対し提案を重ねてゆくもの。 しかし、我々は商品は売らない。営業マン一人ひとりをお客様に売り込んでいくところから全てをスタートする。 何度もお客様のもとへ通い、自分自身を売り込み、信頼関係を築きあげていく。そして、お客様の抱える課題に寄り添い、初めて商品を販売する。これは、創業から70年以上続くサカノシタに受け継がれる「嫌いなヤツからものは買わない」を体現した営業ノウハウ。お客様にどこよりもモテる存在であり続けるために、今日もサカノシタの営業マンは、最強の自身売買を繰り広げている。

モテる奴は、売れる

商品販売より先に、自分を売り込むサカノシタの営業マンには、一つの共通点がある。 それは、「モテる奴は、売れる」。モテるということは、つまりお客様に好かれ人気があるということ。では、そのためには何が必要だろうか。例えば、お客様への責任や覚悟をモテる力、お客様との信頼関係をモテる力、扱う商品知識をモテる力など。これらのモテる力を持つ者こそが、本当の自身売買人であり、圧倒的な販売実績を叩き出す最強の自身売買人となる。 そんな一流の自身売買人たちをご紹介しよう。

情報商社としてのサカノシタ

情報技術商社として創業から70年以上に渡り、 日本の、世界のものづくりの現場に寄り添い常に数千社以上との取引をするサカノシタ。 そんなサカノシタの事業の秘密を特別に公開しよう。

もの言う黒子

物言う黒子

ものづくりの現場において、メーカーは常に主役だ。あらゆる素材を使いカタチにする。そして、商社は常にメーカーの立役者として存在する。いわば黒子のような存在。しかし、サカノシタはただの黒子では終わらない。時代の変化とともに、常に自らも変化し、更なる価値を提供する存在であり続ける。サカノシタにしかない圧倒的な付加価値を提供し、世界のものづくりの現場を牽引する。これがサカノシタのMISSIONだ。

100年先の新商社 スタンダード

100年先の
新商社スタンダード

これがサカノシタの目指す100年先を見据えたVISION。創業から70年以上に渡る歴史を持つサカノシタだからこそ、ひとつ先の商社の未来を創る存在であり続けなければならない。そのために、常に規模も売上も成長し続ける。常に無限の可能性を模索し続ける。常に次世代に選ばれ続ける。この3つをどこまでも追及し続ける存在で無くてはならない。それが我々の目指すVISIONである。

我々の守るべき
価値観

みんな仲良く
意義のある
一日一日をおくろう
お客様に可愛がられよう
喜ばれよう

仕事やプライベート問わず、自ら定めた目標を達成していくことを楽しむ日々を仲間と共に送る。そして、お客様に可愛がられるため、常に責任感と学ぶ姿勢を強く持ち、お客様のお困りごとに全力で向き合い、体を張って取り組んでいく。すべてのサカノシタの社員がお客様に「あなただから」と言われる特別な存在でなければならない。これこそがサカノシタのVALUEだ。

この時代を生きる
覚悟を持て

我々が生きるこの時代は、不確かな時代だ。もはや約束された未来などどこにもないのかもしれない。世界、そして日本の情勢は、刻一刻と変化を続ける。これまで当たり前だったことが、明日には当たり前ではなくなる。毎日のようにそんなことがどこかで起き続る。それほど激しい変化を伴う時代だ。 それでも、私たちはこの時代を生きるひとりの人間だ。常にポジティブに物事を捉え、今の時代に生きる覚悟を持ち、一歩ずつ着実に前に向かって進んでいかなければいけない。 そんな想いを共有する仲間と共に、これからのサカノシタを創り上げていきたい。